中途採用支援に参画する求人公開サイト

専門的な職種にオススメ

中途採用も、営業のような普遍的な職種であればあまり苦労もなく進めることができますが、専門職の採用となると相当大変な思いをするということは、よく耳にする話だと思います。こうした専門職採用の場合、まずは知識や経験があるかどうかが前提になるわけですが、これを見極めるのは結構難しいです。また、その専門職の経験の無い採用担当者が面接をした場合、知識や経験の有無に関して厳格なジャッジを下すことが難しくなってしまうわけです。ですので、こうした中途採用に関しては、中途採用支援を行っている会社に力を貸してもらった方が良いでしょう。特に専門性が問われるような職種になりますと、中途採用支援の会社を使う方が良いというよりも、それを使わないと理想的な人物を採用することはほぼ難しいでしょう。
もっとも、採用に関してはタイミングの面も大きいので、理想的ではあるけれどいくつか納得できない面も出てくる可能性があります。そのような際には、リクエストをきちんと伝えて中途採用支援の会社に投げるようにしましょう。妥協をしても仕方がありませんし、そう何人も採用することが出来ないのであれば満点の人材を待つという選択肢もあるでしょう。

会社のイメージアップに

中途採用支援サービスという言葉は、あまり聞き慣れない言葉です。中途採用支援といえば、基礎自治体や厚生労働省が特定条件を満たした場合に、採用した企業へ助成金を与えるという制度です。これも中途採用支援に当たりますが、雇用助成金という名称が使われています。一般的に、中途採用支援サービスとは、人材コンサルタント会社が行うサービスのことです。
対象は、主に中小や零細企業のような人材が集まらない会社、もしくは海外企業が特定技術者に対する応募をかける場合に用いる手法です。どうして、中途採用支援サービスが、必要なのでしょうか。それは、ハローワークや民間の求人情報サイトに求人応募を出しても、応募がなかったり、欲しい人材を獲得できないからです。
中途採用支援サービスを人材コンサルタントに申込んだ場合、最低30万円の費用が掛かると言われていますが、総括的な人事採用アドバイスだけでなく、応募者との連絡調整までアウトソーシングで行ってくれるのが普通です。
どの求人媒体にいつ掲載するかだけでなく、転職フェアへの参加や会社のHPやSNSや動画制作等によるイメージアップまでも請け負ってくれます。会社は、応募者から選びますが、転職希望者も応募会社を選定しているわけであり、少しでも多くの人の目に触れ、いい印象を持たれるように変革を行ってくれるのが、中途採用支援サービスです。

Recent Article

選考状況の記録が可能な中途採用支援ツール

質の高い人材の確保に 中途採用支援の一環として、転職を希望する人を紹介してもらうことが挙げられています。人…

View Detail

年間通じて行われる中途採用支援とは

効率的に中途採用支援が行える 採用業務を担当している方は、こんなにも難しいものがあるのかというくらい、次つ…

View Detail

機会費用の観点からも中途採用支援の活用を

効果が期待出来るツール 中途採用支援のツールにおいては、選考状況を細かく記録できる仕組みが組み込まれていま…

View Detail

中途採用支援に参画する求人公開サイト

専門的な職種にオススメ 中途採用も、営業のような普遍的な職種であればあまり苦労もなく進めることができますが…

View Detail