冠婚葬祭に出席できない人は他の方法を使ってお祝いやお悔やみを述べることが出来ます。そのために使われる方法の一つが電報を送る方法です。昔の電報とは少しやり方が違いますが、この方が早く、確実に送ることが出来るので便利です。これは、取り扱っている会社に電話をしてメッセージを送ってもらう方法と、インターネットなどでメッセージを送信しかわいいぬいぐるみやキャラクターをつけて相手に送るなどの方法があります。この電報のいいところは、相手の結婚式や葬式などの当日に式の最中に送ることが出来るという便利さです。おめでとうございます。お悔やみ申し上げます。といった短いメッセージから少し長い文章までを送ることが出来ます。料金は様々です。自分がどんな方法を使って送るかによって値段が違って来るので、自分の財布や相手との親密さによって決めることが出来ます。

便利な現代での電報の需要

インターネットや電話が普及している現代では、緊急時の連絡や重要なやり取りは電話やメールで行うことが多いです。しかし、それらが普及する前には電報を打つのが主流でした。しかし、現代では電報が必要なくなったかのように思われがちですが、いまだにそのサービスは残っています。どのような人に需要があるかというと、祝電や弔電に使われています。そして、文字だけでなく、ぬいぐるみやお花などと一緒にプレゼントできるようになっています。結婚式にはぬいぐるみが新郎新婦の格好をしていたり、華やかなお花が添えられたりしています。弔電では、しとやかなお花で押し花になっていたり、ブリザーブドのお花がついていたりとサービスも多種多様です。便利な世の中に電報が残るのは、そんなアイディアがあるからです。便利な世の中だからこそ、あたたかくて喜ばれます。

カタカナを読むことで心により深く刻まれる電報

電報というと、結婚式の祝電、お葬式の弔電などを目に浮かべることが多くなります。現代社会では、携帯電話が普及しているので、最近ではこうしたことをどうやって相手へ送るのか知らない若い世代も増加して来ました。けれども、大学合格を家族に教えるためにサクラサイタという電報を打ったり、それをもらった瞬間のことは時間が経っても人々の頭に残っています。その理由としてあげられるのが、書かれている字がカタカナだということです。カタカナが連なった文章は読みにくい場合もあります。しかしながら、その独特の文体表現が日本の一つの文化として今に至っています。また、お祝い電報などは、送ってくれた人が選択してくれた美しい用紙に愛着を感じます。披露宴で必ず司会者が読み上げるこれらの時間というものがありますが、それはひとつの儀式であり、日本の伝統文化継承のひとつとして、これからも間違いなく続いていくでしょう。